〜スコットランド製織物用毛糸の販売と手織り教室〜

手織り教室

スコットランドの農場で、私にツイードの手織りを教えてくれたデイビットと日本人のための手織り講習会を開催しました。彼の通訳をしたことから、それぞれの人に合わせて教えることを学びました。

自分1人が習っただけでは『良くわかるように教えてもらった』だけですが、通訳をして、同じ課題でも人によって、わかっている人には次々と先に進め、不確かな人には基本的なことを繰り返していくというように、教え方が違うことを知りました。

これまでに100人以上の方が、千鳥格子のマフラーを織る体験講習を受けられましたが、それぞれに気になるところが違ったり、理解していくスピードも方法も違う、楽しいと感じるところも違う、共通しているのは糸が布になっていくのが楽しい〜ということ。

その共通な想いで教室に集まる人たちはいつも楽しそうです。

明石恵子

明石 恵子

英国に留学中、1975年夏に出会った英国の手織りに魅了され、後に再渡英、デイビッド・ガーニーから服地の織りを学ぶ。子育ての後織りを再開、作品展示会やスコットランドでの手織り講習の企画を経て2004年から手織工房タリフを運営。2006年からスコットランド直輸入の毛糸の販売を始める。2015年9月誠文堂新光社より「手織りのためのスコットランドチェック」を出版する。

タリフ(Turriff)はスコットランド北西部にあるデイビッドが住む町の名。度々訪れて私の第2の故郷になりました。