工房・講習

隠れたお宝と出会うチャンス(オープン工房)

コロナ感染拡大で厳しい制限された暮らしの後にやってきた
後が怖いとも感じる感染者数減少
それでもこの先の活動の具体案を作る不安が大きいとつくづく感じて
お知らせが遅くなってしまいました

この企画の発想は、40年近く前の経験からです
私が手織りを本格的に始めた最初の作品展は自宅の居間でした
今工房にしているところです
ギャラリーを借りる費用が無く、DMも手書きでプリントゴッコで作りました
そんな素人のお知らせも、それが返って良かったか、
両親の友人や仕事関係の方々まで自宅へ行ってみたいと足を運んでくださいました

今年になって、仕立ての相談に来てくださったchikunuiさんに見せたいと
しまい込んであった布端を出してきたら、お宝だと喜んでくれたchikunuiさん
外部のギャラリーには持って行けない半端物がたくさんあることに気が付きました
これが工房で皆さんに見ていただこうと思ったきかっけです

キットの見本やサンプルに織ったマフラーは箪笥の引き出しにぎっしり

初めてのスコットランドチェック展のために織った着分には足りない布の山
これまでに織ったツイード、正方形ストールやブランケットなど
1982年にスコットランドのデイビッドのところで織った服地も残っています


仕立てて残っているスーツ、コートやベスト

手織りのタータンチェックに掲載したモヘアのコートやマントなど
掲載作品の実物、また表紙に使った「オシドリ」もご覧いただけます
ご希望により「オシドリ」とツイードを織る実演をいたします

30日31日はchikunuiさんがお仕立ての相談やオーダーを受けてくださいます
ご希望の方はご予約下さい
(30日13時~15時、31日10時~12時は予約済)

コロナ感染予防のため、人数制限をさせていただきますが
ご予約いただいた方は優先いたします

時間等詳細は、1つ前の記事をご覧下さい

関連記事

オープン工房のお知らせ

手織工房タリフのオープン工房

10月29日(金) 30日(土) 31日(日)  10:00〜16:30 
密を避けるために予約制とお知らせしていましたが
予約無しでも来ていただけるように変更しました

医療関係者でもある生徒さんに相談して、工房の広さと窓を開け放っての換気をすれば
10人くらいは大丈夫だろうということになりました

ちょうど教室用のスリッパが10人分あります
なのでスリッパの数で人数を把握して密を避けたいと思います
スリッパが無ければお待ちいただきます
(それほど来てくだされば嬉しいけど、一応考えておかなくてはね)
ご予約いただいた方はスリッパをキープしておきます❗️

30日は、外(ガレージ)で手織り体験をご用意いたします
初めての方、お子さん歓迎です 
後ほど詳細お知らせします‼️

合わせて、「chikunuiさんのお仕立てオーダー会」をいたします(30日31日)
本に掲載されたコートを縫ってくださった方で
私の手織りの服地で好きな服に仕立ててくださいます
もちろん相談だけでも大丈夫です
これは予約制ですので、ご連絡下さい
19日現在 30日13:30〜、31日午前中は予約が入っております

先日発売になった本に掲載されている作品など実物をご覧ください
また、巻末にあったコートやマントもご試着いただけます❣️

当日手の消毒、マスク着用、密でのおしゃべりは避けるを厳守してください
当日体調に変化がある方はお控え下さい

お待ちしております❣️

関連記事

ベストの生地を織って下さい❣️

大変お待たせしました
ベスト用生地のキットと型紙がウェブショップに加わりました

ベスト用の生地は、ラムウールより少し太めの糸を用意しました
ラムウールは柔らかく、フェルト化するのが特徴ですが
それに比べて、硬めの毛質で厚みと腰がある布になります

マフラーはもう要らないけど、、、と思われる方にお勧めです

今回初めて提案するのは、フィニッシュツイルにチェックを加えたデザインです
表と裏(どちらでも良いのですが)の色の出方が少し違います
綾織り・6本/cm (4/cmの筬使用可) 

綾織りを織り慣れている上級者向けですが、教室で織られた方も迷うことがあるので
オンラインレッスン付きのキットも提案いたします

もう1つは服地ピッタリ ガンクラブのデザイン
これは平織りで織ることもできます
綾織り、平織り・5/cm 

ガンクラブは、織るときに緯糸の色替えが度々あって糸始末が大変なので
マフラーを織ることは少ないのですが、服地には適しています

提案するベストの型紙も用意しました
ウールの布を縫ったことがある方なら、難しくありません
表と同じに裁った裏地を中表にして縫い合わせてひっくり返す縫い方で見返しは付けません

また、ウェストまでの丈が短い形なので、フリーサイズに近いです
見本の写真は私が試着しています
通常Lサイズだけれど、私はMサイズのボレロ風が好きです

枚数限定ですが、縫製もお受けしたいと考えています

もちろんお手持ちのラムウールの糸で織りたいという方も大丈夫です
その場合、薄手になるので前ボタンが付いた形がお勧めです


もう一つお知らせ
オンラインレッスンを始めます
コロナ感染の終息の見通しも出て来ないので、教室をお休みしています
個別レッスンで皆さんに手織りを楽しんでいただくために、その時間を当てたいと考えました
すでに希望者があって始めています
講習範囲に含まれない内容は、無料でお問い合わせに応じていますので、ご利用ください
その場合は、フルネームと連絡先が必須です

手織りのタータンチェックは今日が入稿
昨晩最終の修正確認を終えました
地面を擦りそうな低空飛行が続いていた私たち
重い荷が降りたので、さぁこれから高度を少しずつ上げていきます❣️

関連記事

どうしたら出来るか?

何か不便を感じたり、やりたいと思った事が頓挫したとき
あなたならどうしますか?
上手くいかない!と諦めますか?

物が無い時代に育った私は、子供の頃 欲しい物は自分で作るが当たり前でした
母も洋服を縫って着せてくれました
困ることは無かったけど、欲しい物がなんでも買ってもらえる経済でもありませんでした
それが身に付き、できないから諦める、妥協するではなく
どうしたら、希望通りにできるかの方法を考えるが習慣になりました

教室に来れた方々がタリフの工房には工夫がいっぱいあると驚かれます
やり難いと思ったら、どうしたらやりやすくなるかを考えます
整経長を決める時、テープメジャーは大体1.5mまでしかなくて、一気に計ることができない!
それならと、長いリボンや綿テープに5cm間隔の印をつけたものを作りました
仮筬の固定するのにいつも長めの紐を探すので、白いゴム紐で輪を作って固定専用に用意しました
などなど、整経周りの工夫をご覧下さい

自然に家族にもこの思考回路が引き継がれています
みんな作ることや自分で手間をかけて自分仕様にするのも好きですね
きっとそのための引き出しをたくさん持っているのだと思います
大事なのは、必要なタイミングで適切な引き出しを開けること

今日(日付が変わりましたね)は少々凹んで諦めかけた私を見て
息子が自分の引き出しを開けてくれました❣️❣️

手織工房タリフは、こんな私たちが身の丈にあった運営を心かけています
応援よろしくお願いします❣️

関連記事

オーバーショットの糸セット

ウールの季節が過ぎても、タリフのオリジナル冊子のご注文が細く長く続いています
皆さま、楽しんでいただけているでしょうか?


オーバーショットは
他の織りと同じように、糸の種類、太さ、色の組み合せで
多種多様な模様を織れるのが魅力ですね

冊子の中に「初めてオーバーショットを織る人のために」というページがあります
同じ経糸で、緯糸の色、太さを変えて体験できる糸セットを販売しています

経糸は双糸
緯糸の模様の糸は太い糸、双糸と色も様々
緯糸の平織りに双糸や単糸、色を変えて違い雰囲気にしたり
模様糸をグラデーションにしたり、織り方を変えて違う模様にしたり、と
考えられることを、あれこれ盛り込みました

用意しているのは5種類のセット
同じような色が重ならないように組み合わせています
在庫がなくなり、昨日から糸を巻いて15セット作りました
糸についている油で袋が汚れてしまうので、とりあえず他の袋で保管
ご注文をいただいた時に、きれいな袋に入れてお送りします

ぜひ一度お試しください

また、冊子をご覧になって解らないところがあったら、お問合せください
(講習範囲の場合はご相談させていただきます)







関連記事

リジッド織り機

例年より早く季節が移り変わるようですね
他の紫陽花より早く色づく我が家の紫陽花がきれいに咲いています
増えなくても良いドクダミがどんどん増えて、可愛い白い花がいっぱい❣️
でもこの写真を撮った後、庭仕事に精を出していた娘に抜かれてしまいました
ドクダミが増えすぎると他の植物が見えなくなってしまいます

緊急事態宣言が延長されて、教室のお休みも延長ですね
そんな工房でリジッド織り機でチェックを織る工程の写真撮影をしています
作品の写真はプロのカメラマンが撮影して下さいましたが
工程は複雑な内容なので、息子が撮影してくれます

いつもは糸の棚と大きな織り機が置いてあるコーナーです
1日では終わらず、明日に持ち越しそうです
実際見てもらえれば簡単なことが写真と言葉で伝えるのはとても大変です

リジッド織り機で数点織ってみて、整経や、通し間違いが起こり難いこと
デザインや織る時の最低限の規則性が大切なことなどを実感しました
織り機がシンプルなので工夫して自分仕様を見つけると、楽しみも倍増します❣️

関連記事

新年おめでとうございます

誰もが思いもしなかったコロナに苦しめられた2020年が明け
今年9月頃の出版を目指して、厳し現状で迎えた2021年お正月
世界中で多くの人々を巻き込んだ辛い日々は
それぞれが持つ本質的な事柄に目を向ける機会でもあると感じます
気がつかずに過ごしていた、でも確かにある違和感や不本意なこと
でも小さな楽しみ、喜び、有り難さに気がつくことも、、、
小さな楽しみを周りの人たちと分かち合う(シェア)すると
なぜか、小さなものがだんだん増えていきますね

「手織りのためのスコットランドチェック」の本が売り切れて2年余り
再三出版社に再版のリクエストをしてきましたが
新しい内容を加えて、新版としての刊行が決まりました
今年9月頃の出版を目指して、これから編集作業が始まります


この1年ほど、平織りで織るチェックデザインの提案向けて
かなりの数のサンプル織りが出来ています
目指すは、全てのデザインに綾織りと平織りのデザイン掲載!!
同じ糸を使っても平織りの方が経糸、緯糸の密度をさげるために
同じサイズを織るためには本数を変える必要があるためです

再版の予定がないかとお問い合わせを下さった方々、ありがとうございます😊
とても勇気づけられました❣️

体力や作業効率の低下を感じてきているのに、やりたいことが反比例して増えています
何を選択するか、迷走が続きそうです
でも目指すは、楽しむ❣️ これを大事にしてコロナ渦を過ごしましょう

皆さまも気をつけて💕
今年もタリフの応援よろしくお願いいたします

関連記事

オンライン講習しました

11月に卓上機を持参して講習を受けられたMさんとご高齢のお母さま
初めての手織り、千鳥格子の経糸をセットして
お母さまはこちらで用意したミニマフラーを1日で織り上げられました
その後自宅でおられた千鳥格子格子マフラーです

初めて1人でする「織るまでの経糸のセット」は、誰がやっても大変です
綾棒を抜くのが早すぎて綾が取れず苦労されたそうですが
こうやって自分で苦労すると、後でとても助けられます

私に鼻風邪の症状が出たために、念のため教室をキャンセルさせていただいた代わりに
ラインのビデオ通話を使って、2回目の講習をしました
予め講習内容と使う糸の色などを相談してお送りしました
「手織りのためのスコットランドチェック」の本を双方で見ながら
千鳥格子にオーバーチェックが入ったデザインの説明をしました


それぞれの方に合わせて対応させていただくので、
オンライン講習のご希望があったら、ご連絡下さい

ご高齢のお母さまと2人で手織りを始められたばかり
長年の夢が叶って、嬉しくて、楽しくて、、、と
コロナ渦の沈みがちな心を明るく過ごしていただけて、嬉しいですね
最近、こんな想いで教室に来られた方がお二人
定期的な講習の人数枠は空きがありませんが、単発講習ならどうにかなるでしょう
大事なのは想いを行動に移すこと、アクションを起こしましょう😃

小さな  “楽しい❣️“ をシェアして元気に過ごしましょう
シェアすると元が増える‼️つて知っていました?

関連記事

卓上機エリカの講習しました

毎月第2水曜日は、baru先生の紡ぎと編みのレッスンがあります

今日は、午後の編み物クラスが無くなったので
Baru先生に卓上機 エリカの機ごしらえの講習をしました
少し手織り経験があるので、ご希望で2重織りに挑戦です

幅30cmなので、全てがコンパクトで良いような、やり難いような、、、

綜絖枠の上に付いている巻き取り時の幅出しのための
ラドル(私が仮筬と呼んでいる物)はプラスチックの部品で
5/インチなのでcmに換算すると一つが0.5cmになります
今回は2重織りで経糸密度が高いので、本数が多くちょっと窮屈
せめて1cm間隔だともっと使いやすいと思うので、作ってもいいですね

筬通しは、ネットで紹介されている位置だと、なんだかやり難い
そんな様子を見ていたMの提案で、綜絖を上げて筬を平らに固定
とってもやり易くなりました

筬の両端に紐を通して、綜絖枠のところに結び
筬が平らになる位置で固定します
綜絖に通った経糸も、筬の目も見やすくて、作業がスムーズでした
エリカをお持ちのかたは、お試しください〜

少しだけ織って、2重織りの仕組みを確かめてみました

baru先生と、たくさん色があるタリフの糸を楽しむ企画を準備中です
お楽しみに❣️

そんな中、前から気になっていた苫小牧の織り友達と久しぶりに電話でおしゃべりしました
北海道はコロナ感染状況が厳しくなって、仲間で集まれないでいる話とか
大変だった介護が、ロングステイにお願いできるようになって少しずつ織りを始めたとか
不用になった糸や着物を引き取って欲しい依頼が増えてきているとか、、、

夏に皆さんで楽しんだフリースマットの写真を送ってくれました
地元のテクセルの毛を使ったそうです
羊毛がムッチリ、可愛いですね💕

関連記事

ミニ講習をしました

19日から、つくば市の息子宅へ出産の手伝いのために滞在しています
出産が早くなるかもしれないと言われつつも
お母さんのお腹の中が居心地が良いとみえてまだ生まれてきません

つくば市ゆかりの森手りサークルの方々がタリフの冊子を買ってくださったのが縁で
今回の滞在中にミニ講習をさせていただきました
午前中に、スコットランドのスライドショー
午後から、糸についての話と基本的なチェック2種類に
自分で色を選んで組み合わせを考えるという内容でした

良くできる方が他の方に教えてあげながら
手織りを楽しまれている様子を見せていただけて
とても嬉しかったです

しばらく手織りから離れていましたが、
とっぷりチェックの話に盛り上がって、私も楽しかった〜

少しずつ秋の気配が見えるつくばです

関連記事