暮らし

エリザベス女王への哀悼

英国のエリザベス女王のご逝去に際し、心からの哀悼を表します

世界中でこれほどの人物が他にいたでしょうか?

20代始めに英国に語学留学した際、英国の文化に感化されて私の生き方の一部にもなっています

時々に報道されるスピーチではいつも思いやり溢れ、人々の指針を示され、
希望へとつながる言葉の数々に励まされ、困難な時の支えとなりました
特に心に残るのは、「皆が団結することで必ず困難を乗り越えられる」という
コロナ感染拡大の不安の中にいた人々へのメッセージです
1人ではなく他の人と手をつなぎましょう〜

私の想いは、現地で花を手向ける人や
葬列を見守る人々、最後のお別れに訪れた人々とともにあります

女王に贈りたい言葉は新国王や多くの人と同じく「ありがとう!」


2002年スコットランドバルモーラル城近く、ブレーマーのハイランドゲームに来られたエリザベス女王
他の人たちが道に並び始めたので一緒にいて、エリザベス女王をお迎えしました
その時に私が撮った写真です



関連記事

手仕事色々

初めての1ヶ月の夏休みでした
コロナ禍のお休みはありましたが、自分で決めたのは初めて!

この数日、いくつも同時進行して工房は散らかった状態です

出先で拾ってきた小さな緑色の栗のイガで、紡いだ糸を染めてみました
同じような毛質の糸だと思った2種類の糸を一緒に染めたのに
片方は濃い色にならない⁇
その後方針が決まらず、工房の台所はまだ染めの道具が出しっぱなし‼︎

同時に進めた縫い物
ヤノフで織ってあったお茶帽子を縫いましたが
合う裏地を探すために布端などが入っている戸棚からは、箱や袋を広げたまま
まだ次にも作りたい物が、、、 これも方針定まらず片付けて無い‼︎

ず〜っと前に織った手紡ぎ糸の布のベストも縫いました
そのために紡いだ糸ではなかったために、思った以上に柔らかい風合い
タリフの糸で織った布とはちょっと違いました
上等な仕立てではないけれど、形になりました

裁縫教室に行ってカーディガン風のジャケットの仕立てをご指導いただきました。
何度も通う時間が取れないので、続きは自分で‼︎
やっぱり先生に教えていただく緊張感が、丁寧な作業をさせてくれますね
自己流でどうにかなる?とずっと思っていたけど、教えてもらうのは楽しい

合間に、少し仕事もしてますよ〜
新しく作るキットの撮影とテキスト作りは息子の担当、進んでいます
オーバーショットのオンライン講習の連絡や資料発送などもしました

それぞれに話し始めたら長くなることばかり
さて、その時間が取れるかどうか

散らかった物たちを、それぞれ定所に戻して、9月1日から教室です❗️
皆さんにお会いするのが楽しみです❣️

関連記事

胡蝶蘭が咲きました

新工房オープンの時に兄が贈ってくれた胡蝶蘭
毎年1〜2本が花を付けていましたが
今年は4本全部に立派な花が咲きました

白の花と手前の葉っぱがりっぱな2株は
花が終わってからいただいたもの

水と時々あげる以外何もしませんが
工房なので7時前に暗くなるのが良いのかもしれません

関連記事

早めに年末年始のお休み

寒くなって少々疲れ気味、、、と発信ができずに過ぎてしまいました
でもこの間に自分のしたいこととできることの
ギャップに気がつかせてもらいました

疲れ気味はいつも冬になると更に下がる甲状腺機能低下症が
原因ではないかと少し薬を増やして様子を見ることになりました

それから、親の急性胃腸炎で孫たちの世話に娘と駆けつけて
風邪をもらってきてしまいました
喉が痛い程度で済むと思ったら、そう簡単では無かった!
風邪をひかない冬もあるほどなのですが、今回は熱まで出てしまいました
という訳であと1週間を残して教室をお休みにさせていただきました
教室はお休みですが、通販は27日まで営業しています

急性胃腸炎は気をつけていたのでもらわずに済んだのですが
5才の孫が、ばぁばと一緒にお風呂に入りたい!一緒に寝たい!
せっかくのリクエストなので「今度1人でお泊まりに来れるね」と楽しみましたが
案の定、寝ながら動き回り、娘は足で蹴られ、私は枕を取られ、、、
寝た気がしない‼︎
でもいつも隣で寝ている息子は良く寝られたはず、と我慢❣️

「孫は軽い症状でも、もらった祖父は重症ということがありますよ」と
主治医が話してくれた通りになってしまいました
コロナの心配をしなくても良いでしょうとのことです

これまでよっぽどでなければマスクはしないし、手洗いもいい加減だった私ですが
コロナ禍で気が付かないうちに無菌状態になって、抵抗力が落ちていたのでしょう
適度な「ばい菌」は病気から守ってくれる役割もありますね

いつも思い出すのは小さい頃、まだ舗装していなかった家の前の道で
水溜りでできた泥水をおままごとで遊び飲んでしまったこともあるということ
今はこんなことは無いでしょうね

と、今日は暖かいところでブログを書いています
まだ続きます❣️

関連記事

今日は料理スイッチON

月曜日は教室がないので、家の用事をしたり自分の好きなことをする日

オシドリの服地の終わりが見えてもう少しです
本の表紙の撮影のために織り機にかけたのは5月でしたから
6ヶ月もかかってしまいました

織り終えたいところですが、今日は週一回の買い物の日
銀行の用事もある!
大倉山記念館の搬出は出かける用事のついでに娘が行ってくれることになり
私は粗大ゴミを運んでからそのまま車で買い物へ

久しぶりに料理のスイッチが入りました
作り置きのおかずを作ろう❣️
時間が無いと後回しになる、ほうれん草を茹でることから!
ついでブロッコリーも茹でて
いただき物の自家製切り干し大根を煮て
肉うどんの具を煮て
挽肉と玉ねぎを炒め
かぼちゃを煮て
今日のメイン、トンカツをたくさん作りました

塊肉を買って自分で切ります
冷凍しておくと、カツ丼や、カツサンド、
冷蔵庫で解凍してオーブントースターで焼くと美味しい!
お肉が食べたい時や、夕食の支度をしたくない時に重宝します!
夕食で、家族もガツガツ、あっという間に食べてしまいました

電話でおしゃべりした友人が
「まとめて台所仕事をするのは時間の貯金」と教えてくれました
そう、先手仕事は、面倒でも余裕をくれますね

多種類を少しずつ作るより、1つをたくさん作る方が好きです
でも、毛糸を触っている方がもっと好きです❣️

前後しますが、先日の手仕事の会の話は次回に。
他にもすることが後回しになっています




関連記事

教室で人気のりんごケーキ

お店に紅玉りんごを見かける季節
いつの間にか娘が作るようになり、度々教室の方々にご馳走しています
作り方はとっても簡単で、とっても美味しい❣️と好評です

何度も作り方を話すのが大変で、レシピをお教えしましたら、
早速作って、知らせてくれました♪

ここでもご紹介します❣️
天板で焼くりんごケーキ
卵 2コ
砂糖 200g(好みで減らしても良い)
サラダオイル 1カップ(200cc)
小麦粉 250g
シナモン 小匙2杯
ベーキングパウダー 小匙2〜2.5杯
クルミ  50g(お好みで)
レーズン 60g
紅玉りんご 3コ

卵をボールに割り入れ、砂糖を加えて混ぜる
サラダオイルを加えて混ぜる
レーズン、クルミを刻んで加える
混ぜておいた小麦粉、ベーキングパウダー、シナモンをふるいにかけながら入れて、混ぜる
いちょう切りにしたりんごを入れてヘラに替えて混ぜる
天板(我が家は24cm×27cm)にベーキングシートを敷いて、ケーキ種を平にのばして170℃のオーブンで50分焼くケーキ種に火が通り上に色がつけば焼き上がり。温度が高めだと早く焼き上がることもあります。

注意点は、古いベーキングパウダーは膨らまないので、量を増やすか、新しい物を使うこと。
砂糖、クルミやレーズン、またりんごの量はお好みで加減すると良いです。

一度にたくさん出来るので、人が集まるような時に作るといいですね
お試しください

オープン工房は、ほどほどの人数で楽しみました
お越しくださった方々、ありがとうございました
そのあと少々たまっていた疲れが出ていました
教室も賑やかだし、服地を織って動き始めました❣️
やりたいことが山積みです

関連記事

タリフの糸を体験して下さい❣️

タリフで販売しているスコットランド製の糸は
紡績の工程でつけられる油が残っています
その糸で織ったり、編んだりしてから洗うと
油が取れて毛が広がりふんわりフェルト化するのが特徴です
短い毛を糸にしている紡毛糸の特性でもあります

その糸を洗ってみて下さい❣️

ご希望の方に無料で洗った布と織って洗っていない布をお送りします
洗っていない布をぬるま湯に浸け、手を洗う固形石鹸を塗ってもみ洗いしてみて下さい
お風呂に入るついででもいいですね

これを考えているときに、織りのことでお問い合わせいただいた方が
手編み用の糸を使っていらっしゃることがわかり、早速お送りしました
実際に洗ってみて変化が解って、良かったと知らせて下さいました

そんなんです! 百聞は一見にしかず‼️
同じ毛糸でも何が違うのだろう?と思ってくれたら嬉しいです❣️

ウェブショップやHPのお問い合わせフォームでリクエストして下さい

「手織りのタータンチェック」は9日に無事校了となり
金曜日から遅い夏休みで八ヶ岳で過ごしてきました

まだ 県を跨ぐ移動の自粛が求められているので
どこにも寄らず、誰にも会わないように食材持ち込みです
久しぶりに晴れた空に羊毛のような雲がきれいでした

関連記事

フェルトスリッパが生き返った❣️

スピニングパーティーでお会いした空飛ぶ羊さん
モンゴルのあたたかい靴下とフェルト雑貨を販売しています
その中でも目を引いたのが、フェルトスリッパ

とにかく足先が暖かい❣️
クッション性も良く、足に馴染んで履きごごちが良く
私はこの2年、真夏以外ずっと愛用していました
でも、工房の床がタイルカーペットで摩擦が多いのでしょう、裏の革に穴が開いてきました
修理はできないと聞いて、諦めるか⁉️

皮細工をしている友人から端材をいただき、Mが直してくれました
それまでの、あまり多くはない革の知識を総動員
でも新品のように生き返りました

工房の前の花壇の秋明菊が咲き始めました
スコットランドで見て植えたいと思ってから10数年
3月末に友人から株分けしてもらったものがしっかり根付きました
道を通る方々も楽しんでくださるでしょう

関連記事

どうしたら出来るか?

何か不便を感じたり、やりたいと思った事が頓挫したとき
あなたならどうしますか?
上手くいかない!と諦めますか?

物が無い時代に育った私は、子供の頃 欲しい物は自分で作るが当たり前でした
母も洋服を縫って着せてくれました
困ることは無かったけど、欲しい物がなんでも買ってもらえる経済でもありませんでした
それが身に付き、できないから諦める、妥協するではなく
どうしたら、希望通りにできるかの方法を考えるが習慣になりました

教室に来れた方々がタリフの工房には工夫がいっぱいあると驚かれます
やり難いと思ったら、どうしたらやりやすくなるかを考えます
整経長を決める時、テープメジャーは大体1.5mまでしかなくて、一気に計ることができない!
それならと、長いリボンや綿テープに5cm間隔の印をつけたものを作りました
仮筬の固定するのにいつも長めの紐を探すので、白いゴム紐で輪を作って固定専用に用意しました
などなど、整経周りの工夫をご覧下さい

自然に家族にもこの思考回路が引き継がれています
みんな作ることや自分で手間をかけて自分仕様にするのも好きですね
きっとそのための引き出しをたくさん持っているのだと思います
大事なのは、必要なタイミングで適切な引き出しを開けること

今日(日付が変わりましたね)は少々凹んで諦めかけた私を見て
息子が自分の引き出しを開けてくれました❣️❣️

手織工房タリフは、こんな私たちが身の丈にあった運営を心かけています
応援よろしくお願いします❣️

関連記事

チェックは楽しい❣️

教室をお休みしていますが、結構用事がいろいろあって
毎日、どれだけ成果が出ているかなぁ⁇
時間があるので、普段しないことに手を出していたり、、、

今日はチェックの切れ端でちょっとお遊び
メモ程度のメッセージを書くものが欲しくて、こんな物を作りました
少し厚手の白い紙にチェックを切って貼りました

使ったのは、チェックの本のゲラ刷りから切り取ってあったチェックの紙

まだまだたくさん有るからもっと作りたい
でもその前に次の本のための作業を進めなければ、、、

関連記事