暮らし

物差しはいろいろ

何かを測る時、目安が欲しい時
見える物だけで無く、心の中のことにもそれぞれが自分の物差しを持っているでしょう。

10代の頃には自分の物差しで他の人を測ってはいけないと教えられた記憶があります。
そんな話を娘としていたら
「お母さんはテープメジャーだね。それもインチとセンチが両方付いているメジャー❣️」

人に合わせて形状を変えつつも自分の基準を持っている、そんな人になりたいですね。

インチとセンチが付いている黄色いメジャーは、スコットランドのタリフにいる時
テープメジャーを買いたいという私を街の金物店に連れて行ってくれた
今は亡きブルースとの思いでの品💕
本当は手芸店でよかったけど、、、と思ったけど
これは長いので時々活躍します‼️

関連記事

明日から教室再開です

久しぶりの更新になってしまいました

予定日よりかなり遅れて孫が無事誕生して
しばらく、幼い子どもとの生活を楽しませてもらいました

この間に、すっかり朝晩の気温が下がり、紅葉がきれいになりました

よくウオーキングに行っていた辺りの写真です
何だか被っているフェアアイルの編み込み帽子の色???
このデザインを作った人はこんな景色を見ていたのかなぁと思いました

そんなこんなで教室を1か月ほど休ませて頂いて、明日から通常に戻ります
レギュラーメンバーに加え、早速体験講習の予約を受けています
他の日にも新しい方の予約をいただいていて、思いを行動に移されている気配を感じます


コロナ渦で、密を避けるため1日は4人までとさせていただいていますが
久しぶりに顔を合わせての話しは、元気のもとですね
マスク着用を忘れずに楽しみましょう

関連記事

秋の色に織りデザインのヒントがたくさん‼︎

急に朝の気温が低くなり、景色が一気に秋の色合いになりました
秋の色には、チェックのデザインのヒントがたくさんありますね

同じ枯葉の散らばった色合いも、どの割合にしようか迷います

色と分量、隣に持ってくる色、同じ色の濃淡など
チェックのデザインに重ねていくと、オリジナルデザインが出来ますね
手織りにする時は、織りやすい本数で考えることも大事です

今朝のウォーキングで撮った自分の影は長かったです(7:09)

そして見つけた布の地模様にありそうな木肌

関連記事

4ヶ月咲きました

6月下旬に胡蝶蘭が咲いたとお知らせしてから、4ヶ月ほど
1番に咲いた花が終わりました
兄が昨年10月末に贈ってくれた胡蝶蘭の2番花です
他の花はきれいなので、まだまだ楽しめそう😃
花芽を付けなかった株は、新しい葉を伸ばしています
株がしっかりしたら花芽が付くでしょうか??


タリフの糸で模様の編み込みにすっかりハマっているKKさんが、新しい作品を見せてくれました
お弁当用のセットです❣️ 
タリフの帽子キットを編まれたのがキッカケで、次々と新しい柄に挑戦しています

関連記事

アクションを起こす!

今年初めからのコロナ感染予防のための行動自粛は
少しずつ人々のやる気を萎縮させてきていることを私自身も感じ
そのために何ができるかを考えています

他の人がやる気にさせてくれるのを待つのではなく
自分から小さなアクションを起こすことが大事だと気がついて
手織工房タリフとして、いくつかのチャンスを作ってみました
お送りしたワンポイントレッスンの券も50枚になりました
新しいお客さんからの注文もいただいています

教室の生徒さんたちと織りの情報交換が出来るようにもしました
「次は◯◯さんの、あれが織りたい」と2、3点先まで決まっている方もいます

スピニングパーティーが中止になり、少しずつコロナが落ち着いてきた7月初旬には
9月の最終週末(今日、明日)に工房を解放して
手仕事仲間たちと「手仕事ひろば」をしたいと提案したところ
数人がすぐに、手を上げてくれました
しかしながら、直後から増え続けた感染者数にやむなく延期
ガレージやショップ前のスペースも使って、
子供たちも楽しめるワークショップや、ちょっとした講習、と
アイディアがたくさん出て来ました
人の移動が可能になったら、絶対やります‼️

その代わり、、、この週末  いつかやりたいと思っていた事をしました
いつも家族で移動している山の家に、私1人で来ました
2日間だけですが、自分 のことだけ、でも全部自分でする貴重な時間でした
小雨と霧ですが、降り止みに短い散歩もしました
もちろん持ってきた手仕事も色々と、、、

濡れた草の中で、四つ葉のクローバーが「見て見て」と背伸びしていました

関連記事

秋の気配

8月末に、遅い夏休みを山の家で過ごしました
標高1000mのところでも、晴れているとかなり暑くなりますが
夜になると気温が下がるので、気持ち良くたくさん寝て
良い休息になりました

長く続いた父の山の仲間とのBBQ今年はありませんでした
たくさんのテントが張られ、勝手に楽しんでいる方々の賑やかな夏が懐かしい。。。

植物は確実に秋の始まりですね



四葉茜の花が咲いていました
どうして根が取りにくい所ばかりに生えているのでしょう?

関連記事

たくさん咲きました

つぼみが少しずつ膨らんできた胡蝶蘭がたくさん咲きました

窓ぎわに置いてありますが、部屋の中から良く見える位置に動かしてしまうので
花はお日様の方を向いて咲くのでしょう
お店で見るように一方方向にお花が揃っていません

お水のやり方を気を付けるだけで咲いたのは驚きでした

関連記事

胡蝶蘭が咲きそうです

昨年秋の新工房お披露目のタリフマーケットの時に
兄妹からお祝いに胡蝶蘭をもらいました
4ヶ月ほど、花を楽しみましたが
花が終わった茎を取らずにいたら 新しい花芽が出てきて
少しつづ大きくなりました(上)    
写真左下は先月、右下は、茎ではなく葉から出た花芽
水をあげ過ぎないことがポイントのようです 両親の介護中に兄が送ってくれた2回はどちらも枯らしてしまったので
最近になってやっと植物に気を配る余裕ができたようです

関連記事

7ヶ月ぶりの八ヶ岳

3月後半にコロナウィルス感染が広がり外出自粛となり
いつものように、山の家の春の支度に行かれずにいました
私の休みと天気を見て、昨日思い切って日帰りで行って来ました
往復ともノンストップ、買い物にも寄りません
冬の始めから7ヶ月ぶりでしたが、家も問題なく一安心


ボウボウに伸びた草を息子が刈り払い機で
ライラックやナナカマドの苗の周りの草を、私がカマで刈ってスッキリしました
1年前は弱々しいくらいだったヤマボウシが大きくなっていました


心地よい風と鳥のさえずりに癒されました
何となくやる気不足を感じていましたが、心機一転心が動き始めました!

関連記事

想いはスコットランド

明日から再開する教室を前に、重い腰を上げて息子と2人で片付けに奮闘しました
もっと早くすれば良いのに、尻尾に火がつかないと動き出せない性格ですね

教室で使う織り機や、筬などを置いている道具置き場の糸を一部2階の部屋に移動して
皆さんが使うコート掛けなどが使いやすいようにしたい考えていました
それには物置状態の2階の部屋の片付けが必要!
まだまだ両親が残した物が沢山残っています
昨年は1階を片付けるのが精一杯で、手をつけていない物入れもあり
手前から出していくと、、、、
父の昔の年賀状が段ボール箱2つ、写真用の額が入っていた空き箱も沢山
大きなサイズの写真をプリントした時のボール紙の芯や袋、、、
要らない物が沢山出てきました

手織り復帰1作目に、細い梳毛糸のチェックを始めました
3年前のスコットランドツアーの時に買ってきたタータン用梳毛糸の残糸です
いつも織っているのは紡毛糸なので、いつか梳毛の布を織ってみたいと思っていました
16/cm   65cm幅の織り機に1000本越え
この糸を触りながら、スコットランドを思い出していましたが
父の写真の中から2005年に一緒にスコットランドへ行ったときの写真を見つけて
こんな写真を撮ってみました


関連記事